遺言の種類

定年退職後の生活ガイドトップ > 死後のことを考える遺言の種類

遺言の種類

遺言には【自筆証書遺言】【公正証書遺言】【秘密証書遺言】の3つがあります。これらの遺言書の違いは以下の通りです。
【自筆証書遺言】
自筆と書いてある通り、本人の自筆で書き、証人や立会人も不要で費用もかかりません。しかし、自筆証書遺言は無効となる可能性もあります。※ワープロでは不可です。自筆で書かないといけません。
【公正証書遺言】
本人が書くのではなく、公証人が作成します。証人や立会人は2人以上必要で作成手数料がかかります。公正証書遺言の長所は、その公正証書遺言が無効となる可能性はほとんどなく、本人が死亡した後の遺言に関する手続きの必要もありません。
【秘密証書遺言】
代筆も可能ですが本人が作成します。公証人1人、証人2人以上必要で、手数料もかかります。秘密証書遺言は無効となる可能性があります。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


遺言の種類は以下のカテゴリにあります。

死後のことを考える一覧

  • 安楽死について
    安楽死とは、ひどい痛みや苦しみが伴うときに、死に至らしめることです。つまり安楽死...
  • 尊厳死について
    尊厳死とは、延命措置で生き続けることを拒否し、自分の意志で死を選択します。人とし...
  • 遺書と遺言は全然違う
    遺書と遺言はどちらも自分が死んだ後、残された人たちに残す文書ですが、内容や法的拘...
  • 遺言の種類
    遺言には【自筆証書遺言】【公正証書遺言】【秘密証書遺言】の3つがあります。これら...
  • 永代供養墓を購入する
    墓の継承者がいない方や納骨するお墓がない場合、永代供養墓を購入するという選択があ...
  • 樹木葬とは
    樹木葬とは、土に穴を掘り遺骨を埋め、その上に樹木を植えるという埋骨方法です。樹木...

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .