遺書と遺言は全然違う

定年退職後の生活ガイドトップ > 死後のことを考える遺書と遺言は全然違う

遺書と遺言は全然違う

遺書と遺言はどちらも自分が死んだ後、残された人たちに残す文書ですが、内容や法的拘束力が異なってきます。
遺書は法的拘束力がありません。自己主張として形式に関係なく自分の意思表示をすることが出来ます。
遺言は法的拘束力があります。遺言の内容は【身分に関すること】と【財産に関すること】の2つです。
遺言で伝えきれないことを遺書として残すと、残された人にとってもスムーズにいくかもしれません。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


遺書と遺言は全然違うは以下のカテゴリにあります。

死後のことを考える一覧

  • 安楽死について
    安楽死とは、ひどい痛みや苦しみが伴うときに、死に至らしめることです。つまり安楽死...
  • 尊厳死について
    尊厳死とは、延命措置で生き続けることを拒否し、自分の意志で死を選択します。人とし...
  • 遺書と遺言は全然違う
    遺書と遺言はどちらも自分が死んだ後、残された人たちに残す文書ですが、内容や法的拘...
  • 遺言の種類
    遺言には【自筆証書遺言】【公正証書遺言】【秘密証書遺言】の3つがあります。これら...
  • 永代供養墓を購入する
    墓の継承者がいない方や納骨するお墓がない場合、永代供養墓を購入するという選択があ...
  • 樹木葬とは
    樹木葬とは、土に穴を掘り遺骨を埋め、その上に樹木を植えるという埋骨方法です。樹木...

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .