心筋梗塞 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド心筋梗塞 -症状と検査-

心筋梗塞 -症状と検査-

心筋梗塞は50代から60代の年配者に最も発症率が高く、狭心症が更に進行して心筋が壊死した状態を心筋梗塞といいます。心筋梗塞の原因は動脈硬化によるものが多く、血栓が冠動脈にできることで引き起こされます。

(心筋梗塞の症状)
冷や汗が出て顔面蒼白になる激しい胸痛で、最悪の場合は死に至ります。
(心筋梗塞の検査)
心電図による検査が最も確実で、胸部X線検査、心臓超音波、血液検査も行います。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


心筋梗塞 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .