狭心症 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド狭心症 -症状と検査-

狭心症 -症状と検査-

狭心症とは心臓の心筋が血流の低下で酸素不足に陥って一時的な胸痛発作を引き起こす症状です。心筋症となる原因は動脈硬化や冠動脈のけいれんがあります。狭心症がさらに進行すると心筋梗塞へと繋がりますので、狭心症のような症状が見られたら検査を受けたほうがいいです。

(狭心症の症状)
胸を締め付けるような痛み(狭心痛)が特徴ですが、みぞおち、喉、背中、左腕に痛みが走る場合もあります。
(狭心症の検査)
ホルター心電図、負荷心電図、冠動脈造影、心臓超音波などが用いられます。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


狭心症 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .