胃・十二指腸潰瘍 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド胃・十二指腸潰瘍 -症状と検査-

胃・十二指腸潰瘍 -症状と検査-

胃・十二指腸潰瘍とは胃液によって潰瘍ができる病気です。この原因としてはストレス、不規則な食生活、喫煙、飲酒、ヘリコバクター・ピロリなどです。現在では薬の服用によって治療します。

(胃・十二指腸潰瘍の症状)
みぞおちの痛み、胸焼け、吐き気、嘔吐、食欲不振など
(胃・十二指腸潰瘍の検査)
上部消化管X線撮影や上部消化管内視鏡検査が行われます。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


胃・十二指腸潰瘍 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .