急性肝炎 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド急性肝炎 -症状と検査-

急性肝炎 -症状と検査-

急性肝炎とは半年以内で肝炎が治る場合を急性肝炎と呼びます。急性肝炎はウイルスによる感染が原因で、A型、B型、C型ウイルスによるものが多いです。感染経路としては、A型ウイルスの場合はA型肝炎患者の糞便が何らかのルートで経口感染した場合に起こります。B型とC型は血液や体液を通じて感染します。

(急性肝炎の症状)
初期症状‥倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱、みぞおち付近の不快感
初期症状の後 ‥黄疸
(急性肝炎の検査)
GOP、GPT、γ-GTP、尿ウロビリノーゲンといった肝機能検査や、ウイルス検査(HBs抗原・抗体、HCV抗体)、血液検査(プロトロンビン時間など)。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


急性肝炎 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .