肝硬変 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド肝硬変 -症状と検査-

肝硬変 -症状と検査-

肝硬変とは肝臓が硬くなって、機能不良と陥った状態のことです。その原因としてはC型の慢性肝炎、B型の慢性肝炎や飲酒が主です。

(肝硬変の症状)
疲れ、微熱、食欲不振、倦怠感、腹痛、吐き気、などの症状があらわれ、肝臓ガンに移行するケースもあります。
(肝硬変の検査)
肝機能検査、血液検査、腹部超音波、X線CT、MRI、腹腔鏡検査などが実施されます。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


肝硬変 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .