胆嚢炎 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド胆嚢炎 -症状と検査-

胆嚢炎 -症状と検査-

胆嚢炎とは胆嚢に腸内細菌が感染して炎症を引き起こす病気です。一般的に急性胆嚢炎が多いです。

(胆嚢炎の症状)
胆嚢炎にかかると発熱や、右上部分のお腹の痛み、黄疸、褐色尿などがあります。
(胆嚢炎の検査)
胆嚢炎の検査方法には血液検査(ALP,LAP)や腹部超音波で大体わかります。その他にはX線CTや胆嚢胆管造影などを実施することがあります。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


胆嚢炎 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .