痛風 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド痛風 -症状と検査-

痛風 -症状と検査-

痛風とは血液中に尿酸が大量に増え(高尿酸血症)、関節に付着することで炎症が起きて痛みを引き起こす病気です。痛風になる原因はいくつかあり、尿酸の排泄能力が低いことで起こる痛風や腎不全で高尿酸血症でおこる痛風、飲酒や利尿剤などが原因による痛風などがあります。

(痛風の症状)
痛風の症状は関節の痛みです。これを痛風発作といい、足の親指の付け根に痛みが走ることが多いです。
(痛風の検査)
尿酸検査が主で、その他にも血沈、CRP、GOT、GPT、ALP、赤血球数、白血球数など


スポンサードリンク


スポンサードリンク


痛風 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ


Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .