骨粗鬆症 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド骨粗鬆症 -症状と検査-

骨粗鬆症 -症状と検査-

骨粗鬆症とは骨の成分であるカルシウムやタンパク質などが減少して、骨がもろくなる病気です。骨粗鬆症の原因としては、加齢による老化や、女性ホルモン分泌量の低下などがあります。骨粗鬆症は女性がかかりやすく、60代では2人に1人、一方で70歳以上の男性の場合は10人に4人程度この病気にかかっています。

(骨粗鬆症の症状)
自覚症状がない為、骨折してから気がつくというのが多いです。ちょっとした動作で骨折したり、変形したりします。高齢者の場合は骨粗鬆による骨折で、そのまま寝たきりとなるケースもあります。
(骨粗鬆症の診断)
X腺撮影の他、骨量検査、カルトシトニンなど


スポンサードリンク


スポンサードリンク


骨粗鬆症 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .