変形性関節症 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド変形性関節症 -症状と検査-

変形性関節症 -症状と検査-

変形性関節症とは、関節にある軟骨が擦り減って、その周囲に新しい骨が作られることで関節が変形する病気です。主な原因としては軟骨の老化や肥満による軟骨への負担があります。軟骨の老化は加齢によって起きます。

(変形性関節症の症状)
膝の場合は歩いたり階段を上り下りすると痛みを感じます。股関節の場合は大腿部の付け根に痛みを感じます。
(変形性関節症の検査)
X線撮影で検査するのが一般的ですが、場合によりMRIやX線CT、RAテストを使用します。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


変形性関節症 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .