変形性脊椎症 -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド変形性脊椎症 -症状と検査-

変形性脊椎症 -症状と検査-

変形性脊椎症とは脊椎が変性・変形したり、椎間板が変形・薄くなることで、神経を圧迫する病気です。変形性脊椎症となる主な原因は、椎間板の老化の進行によるものです。

(変形性脊椎症の症状)
頸部や腰の痛みが起きます。特に寝返りする時や起き上がるときに強い痛みを感じます。
(変形性脊椎症の検査)
X線撮影やMRIで検査することが一般的です。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


変形性脊椎症 -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .