肺がん -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド肺がん -症状と検査-

肺がん -症状と検査-

肺がんは世界的に増加傾向で、日本では肺がんによる男性の死亡者が癌の中でも第一位となっております。肺がんはガン細胞が、気管、気管支、肺胞で増殖することで発症し、喫煙による要因が大きいです。そして喫煙によって肺がんの「小細胞がん」と「扁平上皮がん」が発症しやすいといわれており、50歳以降に発生しやすくなります。

(肺がんの症状)
せき、胸の痛み、喘鳴、息切れ、血たん、声枯れ、ムクミ、食欲不振など
(肺がんの検査)
胸部X線単純撮影、気管支内視鏡が主でその他にもX腺CTなどがあります。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


肺がん -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .