大腸がん -症状と検査-

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド大腸がん -症状と検査-

大腸がん -症状と検査-

大腸癌の患者数は年々増加しており、患者数は年間6万人とも言われています。大腸がんの原因としては肉類の食生活、動物性タンパク質や動物性脂肪の過剰摂取が原因であると考えられています。また大腸ポリープや潰瘍性大腸炎なども大腸癌の原因となると考えられています。

(大腸がんの症状)
血便、腹痛、便柱細少といわれる便が細くなる症状、下痢、便秘など
(大腸がんの検査)
検便、直腸指診、注腸X線造影、下部消化管内視鏡検査が主で、その他にもX線CT、腹部超音波、MRIなどで行われます。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


大腸がん -症状と検査-は以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .