尿で健康状態をチェックする

定年退職後の生活ガイドトップ > 健康維持の検査ガイド尿で健康状態をチェックする

尿で健康状態をチェックする

尿では臓器の健康状態がわかります。それでは健康な尿とはどのようなものでしょうか?一般的に尿量は一日500ml〜2000ml、回数は4〜6回、尿の色は淡い黄色〜黄褐色と言われています。それぞれの項目ごとにチェックしてみましょう。
1.尿量について
多い場合は尿崩症、糖尿病、心因性多尿などの可能性があります。一方で少なく排尿が思うようにできない場合は、尿路結石などの可能性があります。
2.排尿の回数について
多い場合は膀胱炎や尿道炎などの可能性があります。逆に少ない場合は脱水症状や腎疾患などの可能性があります。
3.尿の色について
3-1赤から赤褐色の血尿である場合、
腎臓や泌尿器に異常が考えられます。その病気には、尿路結石や膀胱炎や腎臓・前立腺・膀胱の癌などの可能性があります。
3-2乳白色や膿が混じる場合、
尿路が化膿している可能性があります。その病気には、尿道炎、膀胱炎、前立腺膿瘍などが考えられます。
3-3黄褐色で泡立つ尿の場合、
肝臓や胆嚢の障害が考えられます。その病気には、肝炎、肝硬変、閉塞性黄疸などの可能性があります。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


尿で健康状態をチェックするは以下のカテゴリにあります。

健康維持の検査ガイド一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .