行政書士

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する行政書士

行政書士

行政書士とは?

行政書士は官公署へ提出する各種許認可・届出書類などをを個人や企業に代わって作成、手続きを行ったり、書類作成までの問に依頼者の相談に乗り、アドバイスを行います。
行政書士が取り扱う書類は数千種類ともいわれており、得意分野に特化することで、行政書士として大いに活躍することが可能です。

また行政書士は独立、開業することも可能です。行政事務所や法律事務所などに勤めて経験を積み、定年後は自宅で事務所を開設ということもできます。
なお、行政書土として仕事をするには、行政書士の試験に合格してから、日本行政書士会連合会の名簿に登録申請をし、行政書士会に入会します。
受験者も急増中の人気資格です。


スポンサードリンク

行政書士の試験について

1.受験資格
特に制限はない
2.試験内容
2-1.法令科目(憲法、民法、行政法、行政書士法など)
2-2.一般教養(国語、政治、経済、数学、理科など)
3.試験時期
10月下旬
4.受験料
7000円
5.問い合わせ先
(財)行政書士試験研究センター
TEL  03−5251−5600


スポンサードリンク


行政書士は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .