社会保険労務士

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する社会保険労務士

社会保険労務士

社会保険労務士とは?

社会保険労務士、通称『社労士』は人の採用から退職までの人事、労務管理のエキスパートです。
企業には社会保険や労働保険などの様々な保険の手続きがあり、その手続きはますます煩雑化しています。
そのため、専門家である社会保険労務士の役割が非常に重要になってきています。社会保険労務士の業務にかかわる法令は40種類以上あり、それらの法令に基づき行政機関に提出する書類の作成や申請手続を行います。

社会保険労務士は、まだまだ専門業務を行える有資格者は少なく、人材不足の状況です。
開業することも可能で、社会保険労務士試験合格後に全国社会保険労務士会連合会に登録することで可能となります。設備投資が不要な職種であるため、開業しやすい部類に入ります。

定年後でも開業することで十分に現役で業務をこなすことができます。今までの人脈を活かすこともできますし、再就職も有利に働くでしょう。


スポンサードリンク

社会保険労務士の試験について

1.受験資格
1-1.4年制大学において62単位以上取得した人
1-2.短大や高等専門学校及び一部の専門学校卒業者
1-3.企業などで労働・社会保険諸法令に関する事務に3年以上従事した人(単純事務は除く)
1-4.行政書士資格を有する人など、いずれかの条件を満たした人
2.試験内容
選択式試験と択一式試験です。
労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律、国民年金法、厚生年金保険法、健康保険法、労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識
3.試験時期
8月下旬
4.受験料
9000円
5.問い合わせ先
全国社会保険労務士会連合会 社会保検労務士試験センター
TEL 0120−17−4864


スポンサードリンク


社会保険労務士は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .