宅地建物取引主任者

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者

ここでは「宅地建物取引主任者とは?」 「宅地建物取引主任者の試験」 の2つについて紹介します。

宅地建物取引主任者とは?

宅地建物取引主任者は不動産業界や土地に投資をしている金融業界では欠かせない資格で、不動産の売買や賃貸の仲介などで必要な資格です。
不動産業では、事業所ごとに社員5人に1人の割合で成年の専任の宅建主任者を置くことが義務づけられています。

宅建は独立開業も可能な資格で、キャリアを積むことで自営への道が開けてきます。
宅建は、初めて学ぶ人にたいしても取りやすい資格ですが、 宅建で身につけた法律知識は他資格の取得の際に役立ちますし、販売・サービス業、そして一般企業の総務・財務部門でも応用が利きます。


スポンサードリンク

宅地建物取引主任者の試験

1.受験資格
特に制限はない
2.試験内容
(1)土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造に関すること
(2)土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
(3)土地及び建物についての法令上の制限に関すること
(4)宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
(5)宅地及び建物についての需要に関する法令及び実務に関すること
(6)宅地及び建物の価格の評定に関すること
(7)宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること
3.試験時期
年1回、10月の第3日曜日
4.受験料
7000円
5.問い合わせ先
(財)不動産適正取引推進機構試験部
東京都港区虎の門3−8−21第33森ビル3F
TEL 03−3435−8181


スポンサードリンク


宅地建物取引主任者は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .