簿記検定

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する簿記検定

簿記検定

ここでは「簿記検定とは?」 「簿記検定の試験について」 の2つについて紹介します。

簿記検定とは?

簿記は経理関連書類の読み取りができますので、企業経営の状態を数値で読み取ることができます。また、公認会計士や税理士、中小企業診断士、情報処理技術者を目指すなら簿記は必ず知っておかなければなりません。

簿記は活用範囲が広いため、ビジネスをする上で取っておいて損はない資格です。資格手当てを出す会社もあり、資格手当ての支給による収入アップも期待することができます。
定年後に簿記の資格を取得することで、再就職や自分で起こすビジネスに大きな助けとなるでしょう。


スポンサードリンク

簿記検定の試験について

1.受験資格
年齢に制限はない
2.試験内容
4級/商業簿記
3級/商業簿記
2級/商業簿記、工業簿記
1級/商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算
3.試験時期
例年6・11・2月
(2月のみ1級試験は実施されません) 4.受験料
4級/1530円
3級/2040円
2級/4080円
1級/7140円
(いずれも税込)
5.問い合わせ先
全国各地の商工会議所または日本商工会議所 事業部
東京都千代田区丸ノ内3−2−2
TEL 03−5777−8600
(検定情報ダイヤル)


スポンサードリンク


簿記検定は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .