ケアマネジャー

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦するケアマネジャー

ケアマネジャー

ケアマネジャーとは?

ケアマネージャーは介護が必要な人に対して、的確なケアプランを立案して、サービスの提供後のチェックまで行う専門家です。
これからの高齢社会では、非常に必要とされる資格であり、社会的貢献度は非常に高いです。 ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高く、ケアマネージャーの数は少ないため、資格を取得すれば再就職も有利になります。


スポンサードリンク

ケアマネジャーの試験について

ケアマネジャーの資格取得には、まず介護支援専門員実務研修受講試験に合格して、次に各都道府県で実施される実務研修課程を修了し、登録する必要があります。

都道府県で試験形式はマークシート方式が採用されています。また、合格率は約25〜30%と高い水準にあります

ケアマネジャーの日程など

☆試験実施頻度
年1回で、10月下旬の日曜日に実施されます
☆受験地
申込んだときに、受験資格に該当する業務・職種に従事している人は、その勤務先のある都道府県で行い。従事していない人は、居住している都道府県で試験を受けます。


スポンサードリンク


ケアマネジャーは以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .