衛生管理者

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する衛生管理者

衛生管理者

ここでは「衛生管理者とは?」 「衛生管理者の試験について」 「衛生管理者の詳しい受験資格」の3つについて紹介します。

衛生管理者とは?

衛生管理者は安全で健康な職場を目指す専門家です。常時50人以上の従業員を使用している事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけることを、労働安全衛生法で定められています。
現在ではまだまだ供給不足の有望な資格です。
特に定年後に衛生管理者を取得すれば、今までの職場経験を生かした衛生管理者としての再就職も可能となります


スポンサードリンク

衛生管理者の試験について

まず、受験資格についてですが、労働衛生に関する一定の実務経験が必要です。

衛生管理者の免許試験では、一定の基準点以上取れば合格することができます。 目安の合格ラインは、各科目ごとに最低4割、全体で6割以上の正解率が目安です。
他の国家資格と比べて合格率が高く、第一種は40〜45%、第二種は約60%となっています

衛生管理者の詳しい受験資格

☆受験資格
いずれか一つに該当すれば、受験できます。
○大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者は労働衛生の実務経験1年
○高等学校の卒業者は労働衛生の実務経験3年
○中学校の卒業者は労働衛生の実務経験10年


スポンサードリンク


衛生管理者は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .