初級システムアドミニストレータ

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する初級システムアドミニストレータ

初級システムアドミニストレータ

ここでは「システムアドミニストレータとは?」 「初級システムアドミニストレータの試験について」 「システムアドミニストレータの受験資格・日程など」の3つについて紹介します。

システムアドミニストレータ(シスアド)とは?

システムアドミニストレーターはパソコンの情報処理技術者試験の1つで、初級システムアドミニストレーターはパソコンや情報システムの一般的な知識を身につけることができます。
今の時代、どの場所でも情報処理システムが不可欠となっているため、ますます初級システムアドミニストレーターによるシステム管理が役立ちます。 初級シスアドのレベルですが、シスアド本来の業務以外にも様々なシーンで役立つことができます。私は初級シスアドの資格を持っていますが、初級シスアドの勉強のおかげでパソコンに関する幅広い知識を身につけることができ、役立っています。


スポンサードリンク

初級システムアドミニストレータの試験について

誰でも受験可能で試験は筆記試験のみです。初級シスアドは国家資格ですが、合格率が30%前後と高いです。集中すれば短期間で取得可能です。知識がまったくなかった私でも、2ヶ月の勉強で取得できました。

システムアドミニストレータの受験資格・日程など

☆受験資格
年齢・学歴問わず、誰でも受験することができます。
☆試験実施
毎年2回
☆試験形式
午前:150分(9:30〜12:00)
午後:150分(13:00〜15:30)


スポンサードリンク


初級システムアドミニストレータは以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .