第二種電気工事士

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する第二種電気工事士

第二種電気工事士

ここでは「第二種電気工事士とは?」 「第二種電気工事士の資格は定年後に役立つのか?」 「第二種電気工事士の試験について」 「第二種電気工事士の受験資格・日程」の4つについて紹介します。

第二種電気工事士とは?

電気工事士は、屋内配線やコンセントの設置などを行う電気工事をするときに必要な資格です。
電気工事士の資格は国家資格であり、市場のニーズも高いです。

電気は日常生活に不可欠です。
そのため、電気工事も当然必要となるため、電気工事士の需要は絶えません。

第二種電気工事士の資格は定年後に役立つのか?

電気工事士の長所は年齢に関係なく、いつまでも現役で働けることです。
ハローワークなどで求人を調べてみたのですが、
中高年の応募も可能なところが多いように感じました。

なによりも、電気工事士の魅力は独立も夢ではないということでしょう。
実務経験積んでから独立している電気工事士も多いです。


スポンサードリンク

第二種電気工事士の試験について

第二種電気工事士の特徴には、
1.受験資格がない
2.合格定員が決められていない
3.合格率が高い
という特徴があります。

つまり、誰でも受験することができ、一定以上の得点を確保すれば合格が可能であるということです。
合格率が高いというのは、筆記試験、実技試験ともに約50%前後と報告されているからです。他の資格と比べると、この合格率は高いです。

第二種電気工事士の受験資格・日程

☆受験資格
年齢、学歴など関係なく、誰でも受験可能です。
☆試験内容
1.筆記試験:毎年1回、6月上旬の日曜日
2.技能試験:毎年1回、7月下旬の土曜または日曜日
☆受験者数と合格者数
【平成18年度】
1.筆記試験:受験者数68,332名、合格者数38,897名
2.技能試験:22,014名、16,178名


スポンサードリンク


第二種電気工事士は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .