気象予報士

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する気象予報士

気象予報士

ここでは「気象予報士とは?」 「気象予報士の受験資格・日程など」 「定年退職後から始めるには?」のつについて紹介します。

気象予報士とは?

気象予報士は気象衛星や気象レーダーなどの多くの観測データをもとに
気象予想を行う仕事です。資格を生かして旅行業や環境関連業、航空業
界など、幅広い分野で活躍が期待されます。


スポンサードリンク

気象予報士の受験資格・日程など

☆受験資格
特にありません。
☆実施回数
例年2回:8月第4日曜日、1月第4日曜日
☆試験形式
多肢選択式・実技
(学科一般15問、学科専門15問、実技2問)

定年退職後から始めるには?

気象予想士の合格率は約7%前後といわれており、かなりの難関である
いえます。定年退職後から資格取得を目指すのであれば、気象専門の資
格学校へ通うなどして、知識を深める必要があります。


スポンサードリンク


気象予報士は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .