税理士

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する税理士

税理士

ここでは「税理士とは」 「税理士の受験資格」 「定年退職後から始めるには?」の3つについて紹介します。

税理士とは

税理士とは、法人や個人の確定申告、所得税や法人税などの税務書類
作成といった納税事務手続きを行う仕事です。また、節税方法や税相
談といったコンサルティング業務も近年注目されています。


スポンサードリンク

税理士の受験資格

1.大学または短大を卒業した者
(法律学または経済学に属する科目を1科目以上履修した者に限る)

・法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部(法学部、経済学部、商学部、経営学部)・学校を卒業した者。
・上記以外の学部(文学部・工学部など)・学校を卒業した者で、一般科目等において、法律学又は経済学に関する科目を1科目以上履修した者、

2.大学3年次以上の者。
・法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者。
・法律学又は経済学に属する科目を含め36単位以上を所得した者。
(ただし、外国語及び保健体育科目を除き、最低24単位の一般教育科目が必要)
3.一定の専門学校を卒業した者(法律学又は経済学に関する科目を履修した者に限る)
・専修学校の専門課程((1)修業年限が2年以上かつ(2)課程の修了に必要な総授業数が1,700時間以上に限る。)を修了した者等で、これらの専修学校等において法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者

5.日本商工会議所主催簿記検定1級合格者、(社)全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者

6.業務従事期間3年以上
弁理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、又は不動産鑑定士補 、法人等における会計事務経験者、税理士、弁護士、公認会計士等の業務の補助の事務、税務官公署における事務又は、その他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務

7.国税審議会により受験資格に関して個別認定を受けた者

定年退職後から始めるには?

税理士になるための試験科目は合計で11科目あり、このうち5科目に
合格することで税理士試験合格となります。しかし、税理士名簿に登
録し、税理士になるためには2年以上の会計事務に従事した経験が必
要になります。


スポンサードリンク


税理士は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .