不動産鑑定士(受験資格・試験日程など)

定年退職後の生活ガイドトップ > 資格に挑戦する不動産鑑定士(受験資格・試験日程など)

不動産鑑定士(受験資格・試験日程など)

ここでは「不動産鑑定士とは?」 「不動産鑑定士の受験資格・日程など」 「定年退職後から始めるには?」の3つを紹介します。

不動産鑑定士とは?

不動産鑑定士とは、資料や現地を調査して土地の評価額を公平に鑑定
する仕事です。鑑定士登録を行えば、国や地方自治体から地価調査の
仕事がくるため、シニア方にも仕事獲得はしやすい職業です。


スポンサードリンク

不動産鑑定士の受験資格・日程など

☆受験資格
学歴や年齢制限などは特にありません。
☆実施回数
短答式:5月の第二日曜日
論文式:8月の第一日曜日を含む土・日・月曜日の連続する3日間
☆試験形式
短答式と論文式

定年退職後から始めるには?

不動産鑑定士の資格取得までには、まず不動産に関する行政法規と不
動産の鑑定評価に関する理論の2科目の短答式試験をパスした後に、
民法、経済学、会計学、不動産の鑑定評価に関する理論、不動産の
鑑定評価に関する理論の5科目を受験しなければなりません。その後
実務修習を修了するとはれて不動産鑑定士としての道が開かれます。


スポンサードリンク


不動産鑑定士(受験資格・試験日程など)は以下のカテゴリにあります。

資格に挑戦する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .