定年退職後の生活設計ガイド

定年退職後の生活ガイドトップ > 手に職を持つネイリスト

ネイリストについて

ネイリストになるには?

若い女性に人気の職種の一つであるネイリスですが、これは若い人のための職種ではありません。お歳を召した人でもネイルをする人はいらっしゃいますし、もしそのような人向けのネイルサロンを開くと、需要が結構あるかもしれません。ここではネイリストになるためはどんな準備をしたらいいか等をご紹介します。


資格は必要なの?

ネイリストのための検定試験【ネイリスト技能検定試験】や【ネイルスペシャリスト技能検定試験】などがありますが、べネイリストになるためには必ずとっておかなければならない資格というわけではありません。ネイルサロンを開業するにあたっても資格は不要ですから、とらないといけない義務はないのです。ただ、資格をとっているとある程度ネイリストとしての知識を持っている人の証明となりますから、信用度はアップしますね。
ネイリストの資格については「ネイルのことをちゃんと勉強して知識を持っていますよ」ということを簡単に伝えられる手段の一つとして考えていただければと思います。

ネイルサロンとして開業するには?

ネイリストを目指す人の中には、将来自分のサロンを持って・・・という夢を持っている人も多いと思います。そのためにはどのような知識が必要になるのでしょうか?
まず基本的なことはネイルケアやネイルの技術、爪や皮膚の知識等ネイルにかかわる基本的な知識はしっかりと身につけておく必要があります。特に自分でサロンを開く場合は自分の知識不足でお客さまに万が一のことがあってはいけませんから、お客さまの爪先の責任を受け持つからにはしっかりと勉強しておきましょう。
あと、知識だけではなく店舗を借りてという形でお店を開く場合は資金も必要です。開業資金としては1千万まではいかないものの、ある程度の金額は必要になるでしょう。場合によっては銀行から融資を受けて開業することもあるかもしれません。
その時にスムーズに銀行等から借り入れができるかも、ネイルサロン開業には大切な要素の一つです。

実務経験を身につけるために

一度はサロンで働いておきたい

いくら知識を身につけてもネイルサロンで接客した経験がないと、業務の要領も分からずお客さんの満足度も分からないという形なりかねません。独立開業する前には必ずどこかのネイルサロンに働いて実務経験を身につけておきたいです。
ネイルサロンでは特に年齢制限というものはないと思いますので、自分が通勤できる範囲のネイルサロンで求人があれば、応募しておきたいですね。ただネイルサロンの求人では実務経験がある人が優遇されます。初心者の方はどうしても経験者よりも優遇が劣りますから、ちょっとでも採用してもらえるようネイルの資格を受けることも考えてもいいと思います。渋谷にあるネイルサロンの求人情報をご紹介しておきますので、どんな要件が必要かなどのご参考にして頂ければと思います。


定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .