環境カウンセラー

定年退職後の生活ガイドトップ > 趣味で活躍する環境カウンセラー

環境カウンセラー

ここでは「環境カウンセラーとは」 「必要資格・年齢制限・学歴」 「定年退職後から始めるには」の3つについて紹介します。

環境カウンセラーとは

環境カウンセラーとは、NGOや事業者などに対して助言を行う仕事です。
環境問題に対する高い知識と能力を問われるため、環境関連の仕事をしている人が望ましいです。


スポンサードリンク

必要資格・年齢制限・学歴

学歴は問われませんが、20歳以上という年齢制限があります。また、活動するためには、「環境カウンセラー登録証」が必要です。

定年退職後から始めるには?

定年後環境カウンセラーになるためには、環境省の審査により「環境カウンセラー登録証」を交付される必要があります。
申請書と論文による書面審査に合格した後、面接審査を経て登録という形になります。基準として、環境管理部門などでの業務経験が10年以上、環境関連講師指導経験5年以上というものがあります。


スポンサードリンク


環境カウンセラーは以下のカテゴリにあります。

趣味で活躍する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .