森林インストラクター

定年退職後の生活ガイドトップ > 趣味で活躍する森林インストラクター

森林インストラクター

ここでは「森林インストラクターとは」 「必要資格・年齢制限・学歴」 「定年退職後から始めるには」の3つについて紹介します。

森林インストラクターとは

森林インストラクターとは、森林体験や、自然観察会などのイベントを企画し、実施することです。50歳代、60歳代で活躍している人も多く、自然が好きな方には、生き甲斐をもてる仕事だと思います。


スポンサードリンク

必要資格・年齢制限・学歴

「森林インストラクター」の資格が必要です。
学歴は問われません。20歳以上という年齢制限があるだけで問題ありません。

定年退職後から始めるには?

森林インストラクターの4割は50歳以上のシニアの方と言われており、定年後でも十分始められます。
まず森林レクリエーション協会が主催する養成講習などを受講し、森林や林業、野外活動などに対する知識を身につけ、資格取得を目指す必要があります。
資格取得後は、先輩インストラクターのもとで修行していき、インストラクターとしての力を高め
ていきましょう。


スポンサードリンク


森林インストラクターは以下のカテゴリにあります。

趣味で活躍する一覧

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .