個人年金の種類

定年退職後の生活ガイドトップ > 年金について個人年金の種類

個人年金の種類

個人年金は、公的年金と企業年金だけでは老後の年金生活が不安な場合やそのお金だけでは生活が不十分な人のために、個人が任意で入ることができる年金のことです。個人年金は生命保険会社や損害保険会社などと個人的に契約します。
個人年金の種類には、主に次のようなものがあります。
【確定型個人年金】
加入者または受取人の生死に関係なく年金を受け取ることができるもの。
【生存者型個人年金】
加入者が生存していると受け取ることができる年金のこと。
【有期年金】
一定期間、受け取ることができる年金のこと。
【終身年金】
生存していればずっと受け取ることができる年金のこと。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


個人年金の種類は以下のカテゴリにあります。

年金について一覧

  • 年金の種類
    年金には公的年金、企業年金、個人年金の3つに分類されます。 【公的年金】 公的年...
  • 公的年金について
    公的年金は国が運営管理している年金のことで次のようなものがあります。 【国民年金...
  • 企業年金とは
    企業年金とは会社に入ると加入する年金のことで、公的年金を補完する役割を持ちます。...
  • 個人年金の種類
    個人年金は、公的年金と企業年金だけでは老後の年金生活が不安な場合やそのお金だけで...

定年退職後の生活ガイド -団塊世代など-トップ

定年後カテゴリ



Copyright(c) 定年退職後の生活ガイド All rights reserved .